イエス・キリストはどのように伝道をしていたか?

イエス・キリストは、30歳の時からの3年間で、自ら多くの人に伝道しました。

イエスはガリラヤ全域を巡って会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、民の中のあらゆる病、あらゆるわずらいを癒やされた。聖書(マタイの福音書 4:23) 


彼の元にはいつも多くの人が群がり、5000人以上の群衆を連れていたこともありました。


イエス・キリストは、全てのクリスチャンに、ご自身がされたように伝道することを命じておられます。


あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。父、子、聖霊の名において彼らにバプテスマを授け、わたしがあなたがたに命じておいた、すべてのことを守るように教えなさい。聖書(マタイの福音書 28:19-20) 


なので、実際に人々に伝道し、その模範を示されたのです。

では、皆さんは、イエス・キリストがどのように、人々に伝道をしていたかをご存知でしょうか?


さぞかし、たくさんの教えを一方的に伝えたのでしょうか?

実は、イエス・キリストは、人々に伝えることよりも、「話を聞くこと」が大半だったことが聖書を見ればわかります。


下の図をご覧ください。

イエス・キリストは、183回も質問を受けているのに、たった3回しか答えていません。

むしろ、人々に307回も質問し、相手の考えや意見を引き出し、傾聴されていたのです。

つまり、正しい答えを知っておられる神の御子イエス・キリストでさえ、低く見積もっても、会話の90%以上は、一方的に説明したり、教えていた訳ではないのです。

その結果、12弟子をはじめとする、多くの人が福音を受け入れ、イエス様に従っていったのです。


むしろ、伝えるだけの「一方通行」の伝道は、相手の心を閉ざしてしまいます。

プロテスタントの福音派団体も、150年の歴史を振り返り、日本で宣教が進まない理由を、


「受け手側のニーズを考慮せずに、送り手側だけの関心や独善に基づく一方的な発信」


と言い、次のように続けています。

では、私たちが聞くべき人々のニーズとは何なのでしょう?


クリスチャンになった人々の約50%は教会に来る前に、人生について悩んだという統計があります。

考えていた内容は、各年齢層を通じて


1位:人間の生きる意味 

 「なぜ自分は人間としてここにいるのか」

「人間はなぜ存在しているのか」

「人として生きるとはどういうことなのか」

2位:人間として正しく生きる方法 

「生活の手段が生きる意味や生きる道なのだろうか、 いや違うように思う....」

3位:ほんとうの愛 

人々は、表面的には衣食住の問題に追われていますが、心の奥のほうでは真剣に愛を求めている。


(参照:教会生活入門:堀越洋治)

この悩みに寄り添わず、信じますか?信じませんか?と二択を迫ったり、信じないと地獄に行きますと脅したりしても、相手はそれを受け入れる準備ができていないのです。


むしろ、聖書の福音はこれらの悩みに明確な答えを提示しているので、悩みを聞いていけば、自然と相手の中に福音を必要とする動機が生まれてくるのです。

でも現実は、ほとんどのクリスチャンが職場や家族、友人の話しを聞いていません。

なぜなら、伝道を伝えることだけだと勘違いしているからです。


そう思い込んでいる限り、伝えることが苦手な人やコミュニケーションが苦手な人にとっては大きなハードルでしょう。

相手が求めていないのに無理やり伝えても、大切な人との関係にヒビが入ってしまいます。

あるクリスチャンは、伝えるタイミングがきたら、伝えると言います。

そのタイミングは、一体いつ来るのでしょうか?

聖書は 「みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい(テモテへの手紙第二 4:2) 」と言っています。


伝えたくても伝えられない。

そのように、地団駄を踏むクリスチャンが多いならば、日本のクリスチャンは減る一方です。

そのようなジレンマを解決する方法、


それが、コーチングの傾聴スキルを活用する「個人伝道マスター講座」です!


自分はコミュニケーションが苦手だから…


福音をどうやって伝えてよいかわからない…


福音を伝える勇気や自信がない…


能力も方法も気持ちも、全く関係ありません。

伝道は全ての人ができる最も簡単な神への奉仕だからです。


伝道は、神の働きです。

聖霊の力と、福音の力が人を救いに導くのです。

私たちは、ただ福音を相手に伝えればよいのです。


ただし、伝えるまでに、人々との信頼関係を構築する働きは、私たちに委ねられています。


つまり、コーチングの傾聴スキルは、伝えるまでに 信頼関係を構築する上での障害を取り除くことができるのです。


「わかりやすい」と好評のゆうき牧師監修プログラム


全てのカリキュラムを、ゆうき牧師が監修しています。

元銀行マンの現役牧師として、多忙な現代人の不満や悩みに向き合っているからこそ、すぐに実生活に活かせるノウハウを凝縮しました。


また、クリスチャンコーチングの専門家である浅井さんも講師として、講座を担当してくれています。

講師 / ゆうき牧師


札幌ガーデンチャーチ牧師/ 日本実務能力開発協会認定コーチ


1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。

2012年に韓国人の妻と結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。

2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕える。

2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。産業カウンセラーを学び、相手に寄り添う働きで、2年間で13人が洗礼を受ける。



YouTubeチャンネル「ゆうき牧師のバイブルライフコーチング」の登録者は6500人を超える

講師 / 浅井 元規

株式会社co-ne代表取締役 / コーチアプローチミニストリーズ日本ディレクター / 国際コーチング連盟PCCコーチ / Catch The Fire Asia & Japan スタッフ

1990年に生まれ、湘南で育つ。テキサス州立大学を卒業後、米国準医療資格NATAATCを取得。Christ For The Nationsダラス本校にて1年間聖書を学ぶ。2016年に帰国し、次世代宣教を行う7MEDIAにて2年勤務。

2019年より、聖書が大切にする「愛と尊重の文化」を社会で体現することをビジョンにコーチング事業を開始する。2020年にCatch The Fire School of Ministryトロントにて、メンターとして活動。同年に結婚。また、国際コーチング連盟認定コーチングスクール、コーチアプローチミニストリーズ日本(CAM Japan)を設立。2021年に株式会社co-neを設立。現在では、100人以上のコーチを育成しつつ、個人や家族、教会や企業のとなりびととして伴走するプロコーチとしても活動中。

なぜ、コーチングの傾聴スキルが伝道に有効なのか?

福音を伝えたいクリスチャンにとって、実は「伝えること」よりも、相手の話を「聞くこと」がもっと大切です。

職場でいきなり、「イエス様を信じてください」とプレゼンするのは難しく、だからこそどうやって福音を伝えていいのかわからないまま仕事を続けるクリスチャンが多いでしょう。


伝えたことが、相手に伝わるには、相手がそれを「自分に必要だ」と認識する必要があります。

そのためには、まず相手の話しを「聞く」スキルが必要になってくるのです。

自分のことを知らないあなたが伝える話しは入っていかないからです。


しかし、問題はこれらの「聞く」スキルを学び、訓練されたことのあるクリスチャンはわずかだということです。


なぜ、聞くスキルがあると、誰かを信仰に導くことができるようになるのでしょう?


それは、心理学者アドラーが言う通り、人間の悩みは全て「対人関係(人間関係)」の悩みであるからです。


会社のことが悩みのタネになり、仕事がつまらなくなってきたり、転職したくなったり、辞めたくなった人に、その理由を聞いてみると、最初は、仕事そのものや、お客さん、会社の環境といったことが出てきます。


そこで、もっと聞き出してみるとたいていの場合、いきつく先は上司や同僚、部下の誰かとの人間関係がうまく行ってないことになっているのです。

気付かないうちに、人間関係に疲れ果て、原因や解決策も見つからず、もんもんとした毎日になってしまっているのです。


コーチングスキルは、そんな悩みをすっきりクリアに解消します。


人間関係の悩みが一体どんなところから出発して、なぜそういった悩みに発展するのか。

今後自分はどうしていきたいかについて、ゆっくり頭の中を整理していきます。


相手が自分の本当の悩みや、人生のニーズに気づいた時に初めて、福音を伝える段階になるのです。


相手が不信感を持っていたり、必要を感じなければ、どんなに福音が素晴らしくても、相手はそれを聞く時間さえもったいないと思うでしょう。


「相手の話しをしっかり聞く」


こんな簡単で、誰でも重要だとわかることでさえ、なぜか、こと伝道となると多くのクリスチャンができません。

それは、伝道を「伝える」ことだけだと勘違いしているからです。

従来の神学校や教会のバイブルスタディーでは、聖書知識のインプットに偏っており、実践的なスキルを学びんだとしても「伝える」スキルがほとんどです。


「聞く→伝える」この順番を知るだけで、伝道はグッと楽になります。


会話の90%は、相手の話に耳を傾けるので、相手との関係が悪化するどころか、関係が深まります。

相手から、福音を聞かせてほしいと言ってくることさえあります。


自ら、このことを実践するために、私自身、コーチングの資格を取得し、産業カウンセラー講座を受けました。


社会人だった頃、教会に誘うことはできるけど、福音を伝えることなんて自分にできるはずがないと思っていた自分でしたが、「相手の話を聞く」だけで、ここまで伝道が簡単になるんだと衝撃を受けました。


その結果、教会を開拓して、2年で13人が聖書の真理を受け入れて洗礼を受けました。

そのノウハウを多くのクリスチャンに伝えたい。

多くのクリスチャンが、それぞれの置かれた場所、職場、家庭で誰かを導けるようになる人になるために、カリキュラムを作りたい。


こうして誕生したのが、この「個人伝道マスター講座」なのです。

この講座を受けた後はこうなります

伝道の恐れがなくなる

・伝道を聖書的に理解できる

伝道の方法がわかる

・自分のすべきことと、神様の働きが明確になる

コミュニケーション力が向上する

・なんちゃって傾聴がなくなる

・沈黙が怖くなくなる

・相手と衝突することがなくなる

誰かを信仰に導けるようになる

・決心の祈りに明確に導ける

・相手に福音が響くようになる

・相手が変わっていくのがわかるようになる

個人伝道マスター講座は、次の3つの講座を順番に受講します。


個人伝道マスター講座には、コーチング3講座が全て含まれています。

①苦手意識がなくなる伝道の4STEPを習得する


STEP1. 関係作り

コーチングスキルを使って、相手のニーズ(なぜ、福音が必要なのか?)を引き出す方法を学ぶ


STEP2. 福音を伝える

自信をもって簡潔に福音を伝える方法を学ぶ。


STEP3. 決心への招き

福音を受け入れた人を祈りに導く方法を学ぶ。


STEP4. フォローアップ

信じたあと教会に定着できるようにサポートの仕方を学ぶ。

②関係作りに不可欠な聖書的なコーチングの基礎を習得する


chapter1〜2.コーチングのマインドセットを押さえる

聖書を土台にしたコーチングと、一般的なコーチングを対比することで重要な考え方や姿勢を学ぶ


chapter3〜4.コーチングスキル

アウトプットスキル、インプットスキルそれぞれ3つを身につけ、相手を導くコミュニケーションの土台を身につける。


chapter5.コーチングモデルを使いこなす

コーチングモデルを学ぶことで、実際にコーチングセッションをする際の流れを身につける。


③相手の本当の悩みや問題に寄り添う傾聴スキルを習得する


第一課:傾聴はなぜ大切か?

傾聴がスキルに偏らないように、傾聴の意味や目的を学ぶ


第二課:傾聴の基本的態度

傾聴する上で不可欠な考え方と態度を学びます。

※これが欠けると、傾聴スキルは役に立ちません。


第三課:傾聴スキル

実際に相手を傾聴するために必要なスキルを身につける。


第四課:傾聴プロセス

傾聴が単なる「聞くこと」で終わらないように、問題の解決まで導く方法を学ぶ。

学習の流れ


すべての学習は、会員ページにある動画カリキュラムで行います。

動画を視聴する▶︎


分からないところは質問する▶︎


理解度クイズを解く▶︎


バイブルライフコーチ養成講座は「使える」知識を身につけます

バイブルライフコーチ養成講座は、見て終わり、読んで終わりではありません。

理解度クイズがあります


知識をたくさんインプットしても人は1日後には74%を忘れると言われています。人はアウトプットを通じて知識が定着していくようにできているのです。そのために、クイズを通して復習できるので、忘れなくなります。

いつでも質問できます


どうしても理解できない部分、もっと知りたい部分を3ヶ月間自由に質問できます。質問することで、知識が自分のものになっていきます。普段は恥ずかしくて質問できないことも、オンライン講座なので、気軽にできます。

あなたに合わせた学習スタイル

仕事をしながら無理なく受講


週1ゆっくりプラン


各講座を3ヶ月、3講座を9ヶ月で修了します。


毎週3〜4つの動画を視聴し、学習します。

(所要時間約10〜30分/1動画)


【こんな人におすすめです】

夏休みの宿題コツコツ派

・学んだことをしっかり咀嚼し、余裕があれば同じ動画を複数回視聴した人

・仕事が忙しい人

・学んだことを誰かにシェアしたい人

心が熱いうちに一気に受講


週3メリハリプラン


各講座を1ヶ月、3講座を3ヶ月で修了します。


【例】

①毎週1回、10動画、視聴し学習します。

②毎週3回、3〜4動画ずつ視聴し学習します

(所要時間約10〜30分/1動画)


【こんな人におすすめです】

夏休みの宿題ラストスパート派

・どんどん知識を詰め込みたい人

・長い間、続けるのが難しい人

・全て学んだ後に必要なら、もう一度動画を見ればよいと思う人


この講座が選ばれる3つの理由


忙しいあなたでも楽に、すぐに、確実に学べます

楽に

動画なので、理解しやすい


オンラインなので好きな時に好きな場所で


スマホで聞き流しもOK

すぐに

毎週たった30分でOK

3ヶ月あれば、1講座が完全に身に付きます


動画は1.2倍速〜2.0倍速で再生できます

確実に

ゆうき牧師の監修なので、とにかくわかりやすい


いつでも、何度でも視聴できる


わからない時はすぐに質問できる


瀧山知秀さん 46歳 営業職

クリスチャン、ノンクリスチャン問わず、これまで相談や悩みを受けることが多々あります。コミュニケーション力に不足を感じてはいませんでしたがこの講座を受講することで、正しく「話を聞くこと」の重要性に気付きました。


人に対してクリスチャンとしての価値観のベースである聖書からどうアドバイスをするか、これまでは圧倒的に自分の体験経験主観が主でしたが、コーチングを体系的に学ぶことで、より相談や悩みを聞くこと、ともに寄り添うことに喜びが増しています

小本瑞貴さん 20代 看護師

私は周りの人からよく相談をされるのですが、いつも相談の乗り方について悩んでいました。

クリスチャンとしてどのように話を聞いて、なんと答えればその人のためになるのか?聖書的な相談の乗り方について、ずっと知りたいと思っていました。

この講座ではその方法がわかり、スキルを身につけることができると知り、「やっと自分が長年抱えていた悩みを解決できる!」と確信しました。

私も人生のコーチになれるように、学びを続けていきたいです!

小田さん 25歳 会社員

コーチングのスキルが家族、友人、恋人、職場の同僚など対人関係の全ての面で影響を与えることに気付かされました。

ただし、その背景にあるのは他者に対する関心、つまりより根源的な部分へ目を向ける必要があるということです。

「人間は神様によって創造され、尊厳を持った存在である」ということを感じることができました。

自分と他人の成功を切に願う方はおすすめの講座です。

受講者特典

コーチングの助けとなる9個の特典付き!(基礎講座の場合)


特典図解資料1「全スライド付き書き込み式ノート」

特典図解資料2「コーチングと他の専門家との違い」

特典図解資料3「コーチングとクリスチャンコーチングの違い」

特典

図解資料4「コーチ的考え方」

特典図解資料5「砂時計モデル」

特典図解資料6「対話のステップモデル」

特典図解資料7「コーチング150の質問集」

特典 図解資料8「コーチングワークシート簡易版」

特典図解資料9「コーチングワークシート簡易版」


【抜群の定着力!】

全スライド付き書き込み式ノート


動画を見ながら、右側に学んだことを自由に書き込めるので、自分だけのノートを作れる!


料金

参考

A. 某コーチングの通信講座 約100万円〜/12ヶ月

B.某聖書の通信講座 約20万円〜/12ヶ月

C. 某神学校の通信講座 約90万円/3年


オンライン講座の運営には、サイト作成・維持費、動画編集費、運営管理費、講師報酬など想像以上のコストがかかります。

なので、一般的なコーチング講座は高額ですが、バイブルライフコーチ養成講座は、聖書を土台にした伝道に使える実践的な内容で、しかもコストを抑えています。

この価格で提供できる理由は、ゆうき牧師がすべてのカリキュラムを監修、管理費を抑えながら、大幅なコストカットをしているからです。

ただ、利用者の利便性を考えて、このオンライン講座サイト「Teachable」のシステムにはお金をかけています。

理解度クイズや、進捗状況の数値化など、受講者が最後まで修了することをサポートする機能があるからです。

よくある質問にお答えします


講座はどのように受講するのですか?

皆様が使いやすいオンライン講座を運営するために、teachableというアメリカの最新オンラインシステムを利用しています。

お申込時には、こちらのサイトに登録が必要となりますので、こちらのQ&Aで登録方法をご確認ください。一度登録すると、あなたの講座進捗状況などが一目でわかるようになります。

biblelifecoach.teachable.com/p/q-a


忙しくて途中で挫折するかもしれません。

期間限定視聴の場合、やりきれなかったらどうしよう・・・と感じる方も多いと思いますが、一度、お申し込みいただいたプログラムはログインすればずっとご覧いただけます。

つまり、コンテンツはずっと見放題です。

ただ、一つ一つの動画を短く要点をまとめているので、忙しい方でも3ヶ月以内で終えることのできる構成にしているので、安心してお申し込みください。


初心者なのですが問題ないでしょうか?

まったく問題ありません。聖書を一度も読んだことのない人でも理解できるように、初歩の初歩から丁寧に説明しています。難しい部分があれば、いつでもお気軽にご質問ください。


支払い方法を教えてください。

クレジットカード一括払い、分割払いをご用意しています。

銀行振込でお支払いをご希望の方は、こちらの問い合わせフォームにてお問合せ下さい。


返金保証はありますか?

30日の返金保証があります。どうしても自分には合わないと思ったら、返金できますので、ご安心してお申し込みください。

※返金額は、進捗状況に応じて決まります。(例:進捗状況が10%の場合は、お支払い額の90%を返金します。進捗状況はログイン後、ご自身でご確認できます)


受講したいのですが本当にお金がありません。どうしたら良いですか?

クレジットカードの分割払いをご利用ください。月に数千円から、受講していただけます。

登録や操作方法などの質問、またクレジットカードの決済時にエラーが出た時はこちらのQ&Aにまとめておりますのでご参照ください。


※その他、ご不明な点がございましたら、こちらの問い合わせフォームにてお問合せ下さい


一括で払える余裕がない。

そんなあなたへ、分割プランもご用意しました。

分割なら、月々14,800円〜で始められます。

しかも、30日返金保証あり!


満足していただける自信があります。

もし、万が一。内容に満足いただけなかった場合、返金します。

※返金額は、進捗状況に応じて決まります。(例:進捗状況が10%の場合は、お支払い額の90%を返金します。進捗状況はログイン後、ご自身でご確認できます)

日本のリバイバルのために…


日本のまだ救われていない99%に福音を伝えるためには、職場や家庭で人々を導くクリスチャンの活躍が不可欠です。


まずは、各講座カリキュラムの無料動画(プレビュー)をご覧いただき、これは期待できると思った場合だけ、受講してください。


働きながら、職場で大胆に宣教できるように、ゆうき牧師が全力でサポートいたします。


是非、この講座を通して、「あなた」が置かれた場所で用いられることを強く願っています。

※その他、ご不明な点がございましたら、こちらの問い合わせフォームにてお問合せ下さい